「アニー基金」プロジェクト通信 ( 平成26年 9月 )



 暑さ寒さもお彼岸まで・・。ところが、寒さと暑さが両方やってきていますね。
会員の皆様、お元気でお過ごしでしょうか。寒暖差に注意しながら、健康面には気を付けましょう。
平成26年度の総会も無事に終わり、新たなスタートをきりました。 総会では、参加できずに委任状をお送り下さった会員の皆様からの励ましや激励のお言葉が、とても嬉しいかぎりでした。次々と要求の出るアニー基金としましては、皆様の声やお金についてどうなっているのか、お知らせしたいと思います。
そして、皆様からの貸出しを受けまして、しっかりした生活を送っている子ども達からの御礼の言葉も合わせまして、皆様にご報告をさせていただきます。

DJ147_L.jpgDJ145_L.jpgDJ146_L.jpg
☆ まだ完済が済んでいない子です。

貸出月     氏名   実年齢   現在の状況           残債額     貸出し用途

H13.11月   伊藤君    31歳   行方不明           13万円    運転免許資金
H14.2月   高橋さん   28歳   看護師として勤務中。     4万円    資格取得費用
H15.9月   加茂君    29歳   北海道にて行方不明      4万円    アパート代
H16.2月   峰岸さん   28歳   子育て中。2児の母。      6万円     学費
H16.12月   木嶋君    26歳   生活保護中          18万円    運転免許資金
H20.3月   新開君    24歳   車の整備士          13万円     アパート代
H20.7月   稲富君    27歳   行方不明           30万円     アパート代
H22.6月   菅井さん   26歳   美容師資格の取得中      86万円    資格取得・学校費
H22.12月   増子君    27歳   保険会社 社員        76万円    学費・アパート代
H26.3月   牧野君    18歳   建設会社 社員        20万円    自立資金・アパート代


◇ これまでの歩み

一生懸命に毎月返済してくれる人、完済して喜びの声を上げた人は11名となります。
保育士として働いている人 2名、看護師 1名、お母さん 2名、介護士 1名の女性達。男性陣は、建設系 2名、整備士 3名、運転手 1名、会社員は上記以外で3名おります。
また、前回お知らせした子(虐待児)への励ましのお手紙や、衣類などをお送りくださった方々、本当にありがとうございました。なるべく、本人にお礼をさせていますが、お返事が届いていない方々につきましては、ご容赦下さい。
連日の戦いと生活の立て直しに一生懸命です。残念ながら「元気に働くこと」が、即「本人の元気」とは繋がりません。
精神力との戦いがまだまだ続いています。今後につきましても時に厳しく、暖かい目で見守っていこうと思います。


1. 定例報告 

① 5月20日   平成26年度 総会
② 6月19日   国会議員2名 (自民党・斉藤 健 / 維新の会 田沼氏) 訪問
        親子相談所の件と(財)全国里親会事務局のPR
③ 7月6日    関東ブロック 全国里親会 大会参加
④ 7月29日   千葉市役所 こども家庭課 訪問、PR
⑤ 9月9日    定例会
⑥ 9月10日   子供の貧困対策の推進に関する法律、流山市役所 子ども家庭課 PR


IMG_0005.JPGIMG_0004.JPGIMG_0002.JPG



2. 新しい議案について 

○ 里親協力について

里親宅は、里親会に入り、里子の育て方に一時的な介護(児相)だけではなく、多方面からの援助や協力が必要となります。協力を主とする活動がもっと必要になるという事で、「アニー基金」も孤立化を防ぐ方針を立てることになりました。来年度からの定款も見直しをし、本文の変更作業をしていく事となります。

○ 虐待児のこと

虐待を受けた子たちの自立支援は、里子か養護施設のみだと思っておりましたが、家を追い出され、どうにもならない生活支援の子もいます。貧困対策の一部ともなっていますが、国の対策はまだ検討中である為、すぐに手を差し伸べられるようにすべきです。そんな中、江戸川区役所においては、子ども達の支援に動こうとしているようです。
アニー基金としましても、どれだけの働きができるかの調査を行い、実施できるか理事会での検討事項に上げたいと思います。

DJ149_L.jpgDJ134_L.jpgDJ150_L.jpg


LinkIconプロジェクト通信 ⇒