「アニー基金」プロジェクト通信 ( 平成27年11月 )


 秋の紅葉と冬の寒さの両方を受け取る秋。皆様のお力をお借りして、何人もの子供たちは大人になっております。
父親の暴力から、やっと一息つけるようになったサトシ君は、仕事でも使う運転免許が必要ということで、教習所へ通う費用として、30万円を借りました。
美容院に勤めていた美沙子さんは、退職をしてスタイリストの勉強に入っています。 以前、老人介護の資格をとった明美さんは、9年間勤めあげ、結婚の為に退職を致しました。幸せを祈っています。
保育士となって2年目の夏実さんは、同じクラスの子をまた担当できることになり、うれしい悲鳴をあげています。
11年前に運転免許をとった祐太君は、ひょんなことから水商売に行き、たくさんのことを乗り越えた思ったら、刑務所にに入り、やり直しをしようとしています。
二度目のやり直しです。「今度こそ!」と応援をしています。
皆様からのお手紙や励ましのお言葉は、各ケース毎に、この子たちに見せています。よく「子どもの貧困」といいますが、どの子らも必死に戦っています。
1年前に、生活の安定の為にアパート代を借りたゆうま君は、学校をやめて、生活保護を受けながら、アルバイトで稼ぎ、アニー基金への借金を毎月5,000円ずつ返してくれています。父親からの暴力や義母からの辛い口での虐待を受けながらも、信じられるものは何かを一生懸命探していることが伝わってきます。
このような子らが、アニー基金へ、そして皆さんへの信用・信頼に感謝する事がいつかくると、心から思っています。


FA107_L.jpgFA104_L.jpgFA111_L.jpg


1. 定例報告 
   (日付)         (行事報告)
①  7月11日   全国里親会 関東ブロック大会
②  7月14日   「アニー基金」プロジェクト 定例会
③  7月18日   衆議院議員 斎藤 健 氏 面談
    〃     (里親会保険、未成年後見人の件、子ども達の自立支援の件)
④  7月23日   弁護士法人よつば総合法律事務所 懇談会、PR
⑤  8月29日   千葉県里親会柏支部 交流会、PR
⑥  9月2日    千葉県庁 要望書提出 (千葉県里親会同行)
⑦  9月10日   サトシ君へ運転免許費用 30万円貸出し
⑧  9月21日   千葉県自民党本部 虐待防止委員会 PR
⑨  9月26日   東京都文京区子ども家庭支援センター PR
⑩  10月16日  流山市・井崎市長 訪問 アニー基金をPR
⑪  10月23日  全国里親会 鹿児島県大会


FC012_L.jpgFC034_L.jpgFC057_L.jpg


2. 御礼と法改正に向けて

アニー基金が15年目という事で、各会員の皆様や、生活クラブのご紹介で知り合えた新規会員の皆さま、本当に有難うございます。皆様からの寄付のみで、26人もの子らに生活資金や資格取得に貸し出しができていることに、心より御礼を申し上げます。
子ども達1人1人の人生を何とか応援したいという気持ちに、理事たちやよつば総合法律事務所、プロジェクト会員の方々が、支援の輪を広げてくれている事にとても感謝しております。
これからも継続したご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

福祉法がより良くなったと言われるこの頃、忘れられているこの子らのために、法律改正を求めています。
全国里親会では、非常に多くの問題点を伝えました。少しでも改善意識をもってもらいたいと思うからです。
子どもらを全力で守ってやること、守ってくれる方々を助けること・・。
「アニー基金」プロジェクトが、そんな方々の一助になれたらと思います。


FG098_L.jpgFG156_L.jpgFG099_L.jpg




LinkIconプロジェクト通信 ⇒